不登校を解決できる親になる

不登校を解決する親になりませんか。目標はずばり再登校です。

子供に一番望むもの

こんばんは

すっかり春めいてきました。

花粉は大丈夫ですか。

 

あなたは、不登校問題でよくこのような表現を見ませんか。

 

それは

 

あなたの子供が生まれてきたとき何を望みましたか

 

というものです。

 

それは、

 

「どうか健康で元気に育ってほしい」

それだけではなかったですか。

お父さん、お母さん、その時の気持ちを思い出してください。

どうかこのことを忘れないでください。

 

 

というようなものです。

 

どうですか、心当たりがありませんか。

 

これは正しいのでしょう。

ただ、私はちょっとしっくりきませんでした。

なんというか、違和感が少しあるのです。

それは大前提というか、もう、当然すぎて。

 

 

 

あなたはどうですか。

 

しつこいようですが、それは正しいと思うのです。

 

ただ、私の個人的な感覚では、

 

 

「どうか、幸せになってね」

 

 

この想いの方がしっくりきます。

これなんですよね。

 いかがでしょうか。

 

子供に一番望むもの。

それは、

「幸せな人生を送ってほしい」

 

「お子さんすごい大学に行かれたそうで、すごいですね」

「お子さんはサッカーで県大会に出場して、すごいですね」

こんな多くの他人からの賞賛より

 

「お母さん、私(俺)幸せ」

この言葉の方が、何倍もうれしくないですか。

 

 

 

幸せになってほしい。

 

幸せは、自宅に引きこもることではないです。

人の幸せは、

働いて、誰かの役に立って、

「あなたに出会えてよかった」

と思える人に出会えること

「あなたに出会えてよかった」

思ってもらえる人になること

 

これに尽きると私は思っているからです。

 

 

 

「君に出会えてよかった」

 

それは、もちろん、あなたの人生にも当てはまります。

あなたに関わる人は、みんな幸せになる、してみせる、位の意気込みでいかがでしょうか。

もちろん、パートナーや、子供にも。

 

ただし、大事なことがあります。

自分ファーストをお忘れなく。

 

いつだって、ここぞ、というとき以外は、自分を大事にしてください。

特に、もう思春期以降のお子さんをお持ちの方は、

自己犠牲はほぼ必要ないです。

むしろ、害悪です。

自分を大事にして大丈夫です。

それでも、常識を越えない、あなたには親としての、その力があります。

 

幸せに、なってもらいましょうね。

このことをコア(核)にもっておくと、子供への言葉かけが変わってくるかもしれませんよ。

すこしだけ、もやもやしています

先日、テレビで、不登校がとりあげられていました。

 

「学校にはこだわっていないが、最低限の勉強をしてほしい」

「子供が学ぶのを諦めきれない」

と言う親御さんに、

「親がそういう気持ちを手放したとき、子供は動き出しますよ」

というコメントがありました。

 

何というか。。。

 

もう、私には、この表現は、「もやもや」しかありません。

言いたいことは、わかるんですけどね。

 

 

その子は不登校になる前は、勉強がかなり得意だったそうです。

つまり、それがその子の特技であり、武器なんです。

それを親が一番わかっているんです。

 

 

勉強が苦手で、不登校の子もいます。

でも、その子は得意なんですよね。

 

私は、諦めなくていいと思っています。

何度も書いていますが、諦めた方がいい、なんて、無責任だと思ってさえいるのです。

 

人には向き不向きがあります。

子供が、その特性に合った職業について、自立する。

 

そう願い、そう導くことは、絶対に悪いことではありません。

そう思いませんか?

 

諦めたときではなく、

諦めずに、

子供は何にひっかかっているのか

何を不安に思っているのか

自分たちに何を訴えているのか

 

引くべきところは引いて

押すべきところは押して

向き合い続ける。

 

同時に、家庭運営の見直し。

親が愚痴ばかり怒ってばかり、不満ばかりということはないか

夫婦の関係

食事のこと

お部屋の状態

兄弟のこと

しゃべりすぎていないか

過保護過干渉になっていないか

変わるべきところは、変えていく

 

諦めることより

向き合うこと

変化すること

 

トンネルを抜けたときに子供がたどり着いている世界は、

海を越えてすごいところだと、

私は信じています(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない 教訓

一つ前の記事の物語の続きです。

そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

この物語の教訓。

実は、私たちには将来何が起こるのかなど正確にはわからない。

ただ、わかるような気がしているのだ。

私たちは何か起きたら大騒ぎをする。

これから起こりそうな悪いことについて、ありとあらゆる筋書きをでっち上げる。

それは、たいていの場合、間違っている。

冷静さを失わず、これから起こりうることを決めつけなければ、

いつかはすべてうまくいくことをかなり確信できるだろう。

 

覚えておこう。

「そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。」

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

どこかで似たような話を聞いたことがあります。

そうです。

「塞翁が馬」

ですね。

 

不登校

引きこもり

私たちはこの最悪の筋書きを何度思考したことでしょう。

 

不登校、これほど最悪のことはない

と、何人の親が思ったことでしょう。

 

私たちは、これから起こりうることを決めつけてはいけない。

 

いつかはすべてうまくいく。

 

そうなるように、うまく行くように、動くんです。

 

どうか、決めつけないでください。

 

状況が改善していないなら、全く同じことをやっていてもおそらくうまくいきません。

変化をつけましょう。

 

2018年は、まったく新しい年にしましょうね!

 

 

 


 

 

 

そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない

ある超難関と言われる学校の入試として出題された(英語)お話です。

要約して、ご紹介します。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

昔、ある村に年老いた賢者がいた。

ある村の農民のひとりが、賢者のもとに正気を失ったような状態で相談に行った。

「私の牛が死にました。畑を思うように耕せません。これより悪いことはありませんよね。」

賢者は言った。

「そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。」

 

なんと翌日に、強く若い馬がこのの農民の近くにあらわた。

農民はこの馬を捕まえた。

いままで、これほど簡単に畑を耕せたことはなかった。

農民は喜び、賢者に謝った。

「あなたの言ったことは完全に正しかった。これほどいいことはありませんよね。」

賢者は答えた。

「そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。」

 

農民は思った。

賢者は頭がおかしくなったのかもしれない。

 

しかしそれからしばらくして、農民の息子がこの馬に乗っていて、落馬し足の骨を折った。

息子は農作業を手伝えなくなった。農民は悲しみに明け暮れて賢者の元へ行った。

「またもやあなたの言った通りでした。もっと悪いことが起きました。

あなたはどうしてこれほど悪いことが起きるとわかったのですか。」

賢者は落ち着いた様子で再び言った。

「そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。」

農民は、賢者に、怒りを覚えた。

 

しばらくして、戦争が始まった。

村には健康で丈夫な男たちを連れて行くため、軍隊が到着した。

村の若者の中でこの農民の息子だけが戦争に行かなくていいことになった。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆

 

この物語の教訓は・・・

長くなったので続きに書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうせ、行かないし

お疲れ様です!

3週間、走りましょう!

 

「どうせまた、行かないだろうな」

「どうせまた、だめだろう」

 

どうせ、どうせ、、、

 

私たちは、つい思ってしまう。

 

100歩譲って、そう思ってしまったとしても、

これは、言葉にするのは厳禁です。

 

もし日常的に吐き出しているなら、今この瞬間からやめてください。

「どうせ」と子供に言うとき、

あなたは

「学校に行けない子」

という認識で接している可能性がありますね。

 

 

「学校にはなじめない子」扱い

「対人関係に障害がある子」扱い

 

これだと、どれだけはげまし続けても、

その子は自分そういう子だと思われていると感じます。

 

すでにそう思われているし、もうそれでいいや

と思ってしまうかもしれません。

 


これは、何とかしないといけません。

 

今まで外から散々アプローチして、うまくいきませんでした。

内から変えていくしかありません。

 


「どうせできないよね」

そう扱われ続けると、

子供は自分でもそうだと思い込み、「できない」状態のまま終わります。

 

「絶対できる!」

こう信じてもらい続けると、

子供は自分でもそう思い込み、「できるに違いない」と思って、

本当にできるようになってしまいます。

 


そういうものです。

 

親は、

裏切られても、失望させられても、信じ抜く、

という姿勢が必要なのです。

 

 

 

どんな気持ちで新年を。。。

すっかり寒くなりましたね。
12月です。

 

クリスマス、年末、新しい年。

あなたはどのような気分ですごすのでしょうか。

 

今、不登校の苦しみの中にいるかもしれません。


でも、いずれちゃんと終わります。

霧は、ちゃんと晴れます。


まだ12月になったばかり。今年はまだ3週間あります。

前を向いて、3週間という時間を徹底的に使いませんか。

 

 


残り3週間、やるべきことをやりきって、納得できる時間を過ごしたいですね。

すぐに結果は出なくても、強烈な意味があると、私は思うのです。

 

自分を変える1日チャレンジ!

人は変われるか

どうやったら変われるのか

これが私のライフワークの一つです。

 

真夜中に、突然ですが、明日はまる1日お休みできそうなので、

久しぶりに、1日チャレンジをしてみようと思います。

 

あ、やるのは私です。

 

一日チャレンジ宣言します!

 

くどいようですが、私がやるのです。

 

どういうチャレンジか

と言うと・・・

 

 

私は、ついつい、他人にいい顔をしてしまいます。

そんな自分を変えたいとずっと思っています。

 

そこで!

 

1日中、自分が気乗りしないこと、なんか違うんじゃないかな、と思ったことに、

全部きっちり「No!」ときっぱり言う

というチャレンジ!

 

・・・

にしようと思ったのですが(^^;)

それもいつかやりますたぶん

これは、やめます。

 

なぜかというと、今回はその逆のことに、なんだかよくわからないけど、

無性に興味があるからです!

 

 

 

ついなんでもおっくうで、臆病で、慎重な私が!

 

一日すべてのことに

「YES」

を選択してみようかと思っています!

 

 

なんでそういうことを思ったのかと言うと、

イエスマン”YES"は人生のパスワード」

という映画があるそうなんですよ。

見てはいないのですが、7ヵ月YESだけを選択した男の人の物語だそうです。

 

 

人生は選択の連続。

YESかNOかで人生の運命が大きく変わります。

私、圧倒的にNOの選択が多いんですよ!

 

誘われても、なんだかNOの理由がみつかり

自分で思ったことも、やっぱり同じです。

NO、を選んでやらないです。

 

でも!

私のこれまでの人生を振り返ると、「YES」

を選択したときの方が、ハッピーな結果を生んでいるような気がするのです。

「NO」を選んだ時よりも!

 

なので、

明日一日限定で、

自分の考えに浮かんだものも

誰からの提案にも、

基本全部

YES

を選択してみます。

よほど明らかにNOと言う必要があるときは例外とします。

 

では、明日。

紹介した映画、私も見ていないので見てみたい。

 

すごくよい成果がでたら、読んでくださっている皆様にもお勧めできますね。

慎重で臆病な子供たちにも、ぜひ勧めてみよう。

一日限定、というのがミソなんですよ(#^^#)

ワクワク

 

おやすみなさい

あなたのその行動は本当に愛ですか

おはようございます。

さむいですね。しばらく間があいてしまいました。

久しぶりに記事を書きます。

 

あなたはこの話を聞いて何を感じますか?

 

 

先日、あるお母さんが、夕方子供を検定試験の会場に迎えに行きました。

その日は、お母さんは野菜炒めを作っていました。

子供は車に乗り込み、「今日のごはん何?」と聞きます。

「今日はね、野菜炒め作ったよ」

 

「えー、野菜炒めかぁ、、、帰りにコンビニに寄ってくれる

 

「うーん、わかった、いいよ」

 

 

・・・

 

この子は、コンビニで、お弁当を買ったそうです。

 

 

私は、この話を聞いて、思わず、

 

「え」

 

と変な声が出ました(-_-;)

 

あなたは、何を感じましたか?

 

 

日常の何気ないこのようなひとつひとつの行動で家族運営は成り立っています。

親が、どのようなポリシーを持って家庭を運営し、子育てをしているのか、

それによって、行動が変わります。

 

この「日常」が、子供にものすごい影響があるのです。

侮ってはいけません。

子供の人格形成にものすごい影響があるのです。

それが子育てです。

 

何度も言っていますが、不登校の対応をするときは、必ず、あなたの家族運営を見直してください。

 

親の仕事は何ですか。

子供の仕事は何ですか。

それぞれの仕事に責任を持っていますか。

 

あなたは子供にどうなってほしいですか。

そのために、何をしますか。

その行動は、本当に親としての「愛」を持った行動ですか。

 

 

意識が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる。

人格が変われば運命が変わる。

 

 

私は、言葉が好きみたいです(^^)

いい言葉は心を支えてくれます。

元気をもらえます。

 

本当に信じるべきは、言葉ではなくて、「行動」ですけどね。

その話は、また次回・・・。

 

 

 

 

不登校の原因探し

先の記事でこのようなことを書きました。

再発が怖い

過度の不安を、子供への干渉などで解消しようとしているなら、子供にとっては害悪です。

 

 

このひとつの典型が、

不登校の原因探し」

です。

 

不登校になったとき、親は原因を考えます。

もちろん、まず第一に子供の話を聞こうとします。

いろいろな情報を集めて、

ストーリーをある程度自分の中で描くことは絶対に必要です。

 

 

ただ、

「何がいけないんだ」

「何があったんだ」

と子供にしつこく聞いたり、子供の周囲から探ろうとしすぎることは

ただ、親の不安を解消したいだけの行動です。

 

 

病気になった時も同じです。

どうしてこんな病気になってしまったんだろう、

と考えることは自然なことですが、

原因探しばかりしてられません。

治療しますよね。

 

 

もちろん、親は不安です。

不登校克服までの道のりで最も手ごわい敵は

「不安」

という感情。

そういっても過言ではありませんよね。

 

 

不安はあります。

あっていいんです。

 

ただ、その感情を、子供に向けて解消しようとしないこと。

不安を解消する唯一の方法は、「自信」をつけることです。

子供にぶつけることでは解消できません。

愚痴を言うことでもありません。

一瞬気持ちがすっきりしたとしても、それは短期的なことです。

 

 

 

 原因探しばかりに気を取られないでください。

原因は、「治療」をしながら、ぼんやりと見えてくることもありますが、

たいていの場合、

その実態をはっきりと確認できた

ということはありません。

 

 

 

 

 

 

再発が怖い

不登校の再発率については諸説あります。

80%以上、と言う人もいます。

 

不登校を克服した家庭は、そうでない家庭より多いです。

ただ、学校に行き始めたらこれで一安心、となるかというと、

不登校を克服したほとんどの方が「No」とおっしゃいます。

ほとんどの親が、ずーーっと、心配なんです。

いったい、いつまで心配すればいいの?と言うくらい長い間、

心配される方もいます。

 

 

学校に戻ると、疲れます。

嫌なこともあります。

学力の面でも大変です。

 

子供が元気がないと、

「まさか、また」

と心配になります。

 

ある意味当たり前です。

だって、あれほど苦しい不登校、という経験をしたのですから。

 

再発の不安がよぎった時、心の支えになるのは、

 

不登校の真っただ中に歯を食いしばって子供と関わり続けた時間

不登校の真っただ中に歯を食いしばって育てなおしをした時間

 

不登校を通して子供と心が通じ合えたこ

不登校を通じて子供と信頼し合えた実感

不登校を克服した子供の強さ

 

不登校の間のつらかったこと、よかったこと、

すべてのことが財産となっています。

 

一生支えてくれます。

 

 

大丈夫。

大丈夫。

大丈夫です。

 

むしろ、子供を、自分を信じてあげてください。

 

不安な気持ちは、気を抜かないためには必要で、人間の本能です。

なので、仕方ないんです。

仕方ないというか

不安を感じることができるあなたは、子供を守ることができる素晴らしい親です。

親の不安は子供に伝染する

なんて言われて、

不安になっちゃいけない

いけないんだ

 

そんな風に自分を責めているなら、

ぜひ、開き直ってください。

「心配して何が悪い!

 

でも

過度の不安はせっかく一度きりの人生を灰色にしてしまいます。

それに、

過度の不安を、子供への干渉などで解消しようとしているなら、子供にとっては害悪です。

 

再発リスクとか、

再発は克服が難しいとか、

そういう不安な考えが頭にこびりついたら、

こんな感じで、前を向いてください。

 

「私たちは、まだ成長途中です。

 

再発したら、また、再登校を目指します。

 

私の目標は子供の自立です」

 

 

その時、そうなったら、そうなった時、考えよ!

 

くらいの大きな気持ちで、

今するべきことに集中した方がよさそうです(^^)

 

 

 

 

私たちはみんな「失敗」から学ぶ

「子供にはたくさん失敗をさせてください」

よく言われますね。

 

月並みですが、私たちは失敗から多くのことを学びます。

学びの最大のチャンスです。

 

アメリカのある哲学者は、

「子供は誰でも失敗を通して自分を成長させる矯正力を自分の中に持っている」

と言いました。

 

これを信じるならば、

親がすることは、その力を信じ、支えていくことですね。

 

強烈な、ものすごい「忍耐力」が必要です。

いつも長い目で。

 

 

 

不登校のごく初期の問題4

おはようございます。すっかり秋ですね。

 

不登校のごく初期の問題3

この記事で、

あなたが、子供にいままでずっと、
指示や命令や提案などをしすぎていた、という自覚がある場合、
しばらくの間、

励まし
命令
指示
提案

これらを一切やめてみる

という荒療治を提案しました。

 

繰り返しますが、

親の意識改革は、本当に、そんなになまやさしいものではありません。
大げさに言うと、血を吐くほどの抵抗があります。

 

 

この荒療治はずっと続けるわけではありません。

子供がどうなるかを観察します。

 

生活のありとあらゆることがボロボロになってしまう、

と心配される親御さんは多いですが、

 

親が思うほど、生活習慣はほぼ乱れない、というお子さんは多いです。

 

ただ、

ゲームやパソコンなどは、親が制限しないとおそらくほとんどの子が

時間が長くなりますね。

 

 

子供は、本能的に親に愛されたいと思っています。

その感情は、炎のようにとても熱いものです。

満たされなければ、炎は激しくなる一方です。

 

満たされて成長していくと、種火のように心の中に灯ります。

そして、誰かを愛する人になれる。

 

私はそう、思っています。

 

子供は、本能的に親が「信頼できる大人なのか」

ということをかなりシビアに見ています。

 

 

お父さんお母さんは絶対自分を裏切らない

子供はこの確信を持っているなら、

自分のことを話します。

あなたの話を聴きます。

 

 

 

あなたのお子さんはあなたのことを、信頼していますか?

 

荒療治はあくまであなたの意識を変えるためです。

程度は、ご自身で調整してみてください。

 

そして、

まずは、子供の言い分をよくよく聴いてください。

 

あなたの話をするのは、そのあとです。

信頼できると思っているあなたからの話なら、きちんと聴きます。

 

 

 

 子供とコミュニケーションが取れていない場合は、

信頼されているのか

ということを真剣に考えてみる必要がありそうです。

 

 

 

不登校に特効薬を探すな!

最近思うのですが、

不登校を劇的に改善するという「特効薬」というか「テクニック」を探している方が、意外に多いのではないか

ということです。

あなたはどうですか?

 

私の知る限り、そんなものはないと思います。

 

ないです。

 

あなたもそう思いませんか?

 

 

もし、特効薬やテクニックがあったとして、それを知って、それを使って、不登校が一発で改善するのなら、私も提供したいです。

 

でも、そうじゃない。。。

不登校を解決できる親になるためのテクニックは、

基礎からこつこつ勉強して積み上げるものだと、私は思ってます。

不登校を解決する薬は、子供にそそぐ日々の愛情だと、思っています。 

 

その勉強で解かないといけない問題集は、人によっては、結構なボリュームかもしれません。

 

あなたの育ち方、ひいてはあなたのご両親の育ち方までさかのぼって、考えないといけないかもしれません。

それでも、やる意味は、必ずあります。

 

 

あなたがもし、もしも、心のどこかで特効薬を探しているなら、

その時間を使って、基礎からこつこつ、学んで、実行してほしいなと思います(^^)

 

 

 

 

 

 

 

親が不登校を受け入れたときはじめて子供は動き出す、は真実か

私の意見を言います。

これはたぶん「誤解」です。

 

もちろん、そういう方もいます。

 

でも、そうでない方もいます。

 

不登校を解決したい、と願って

もがいて

苦しんで

傷ついて

勉強して

道を見つけて

そして、子供と一緒に再登校を果たした人もたくさんいます。

 

学校に戻らなくても、子供は生きていける。

これはたぶん真実です。

 

でも、やっぱり学校に行ってほしい、

この気持ちを諦めきれない

本心はそう思っている

 

それなのに

諦めないといけない、

自分が諦めないといけなんだ、

諦めないから、子供を苦しめているんだ、

 

そんな風に思ってい苦しんでいる方がいらっしゃるとしたら、

 

そういうことを悩んでいる時点で、あなたはもう十分、

自分のエゴなのだろうか、といつも自問自答し、

子供のことを第一に考えよう、

という思考回路ができている親です。 

 

だから、別に無理して諦める必要なんかないと、思うのです。

自分の価値観を全否定する必要も、ないと思うのです。

 

本当に大切なものは伝えてください。

親が子供に価値観を示さないと

子供は自我をうまく育てることができません。

 

子供は親の価値観に導かれたり、否定したり、反発したりして

自我をはぐくんでいくのです。

 

また、親には、そうやって少しずつ育っていく子供を、

後ろから見守っていく、人としての器が求められるののではないでしょうか。

 

 

 

 

 

「ウサギとカメの物語」解説編

ひとつ前の記事を読んでいない方は、ぜひひとつ前の記事を読んでからどうぞ!!

 

 

ウサギとカメの物語でどうしてウサギは負けたのか?

カメは勝てたのか?

考えてみていただけましたか? 

 

ウサギが負けたのは

「油断してたから」

「カメをのろまな奴だとなめていたから」

「昼寝をしたから」

 

カメが勝てたのは

「歩みをとめず努力を続けたから」

 

・・・・・

 

「どれももちろん正解です。でも、本質は別のところにあるんですよ」

と先生はおっしゃいました。

 

本質とは何か。

 

「両者は、見ていたものが違うんです

 

 

これだけではよくわかりませんね。

つまり、

「カメが見ていたのはゴールだけ。カメは常にゴールの旗に集中していました。

一方、ウサギが見ていたのは、カメ。いつも他者を気にして、比べていたのです。

だからカメはウサギに勝てたのです。」 

 

 

素晴らしい。

何が素晴らしいかと言うと、

もちろん、ゴールを見ていたカメが!

です。

 

この際、他の子と比べる物差しは、しまっておきましょうか(^^)

嫉妬心や競争心や焦りは、今、あなたとあなたの子供にはあまり意味がありません。

 

あなたの使命は子供を自立させることですね。

それはあなたの目標でもあります。

その目標だけを見てください。

他の子が自分の子より優れているかどうかは、この目標には関係ありますか?

ありませんよね。

関係ないんです。

だから、目標に向かって日々を丁寧に生きているとき

他の子のことなど、一切気にならなくなります。

 

他の子が気になって仕方ない時、それはあなたが目標に志向できていないときです。

目標が少し遠いので、つい近くを見て、一喜一憂してしまいます。

遠くを見ましょう。

 

 

そうそう、

この理論なら、

「ウサギでも、勝てます!」

というか

「圧勝です」

だ、そうです(^^)

お昼寝中のウサギさんが、そのことに気づいて覚醒したら、すごそうですね。

次のかけっこでは、負ける気がしません!! 

 

 

他の子がどうしても気になるときは、

「最後に勝つのは、うちの子よ!!」

ぐらいに思って、それで終わり。

それで大丈夫です。

 

この試練を超えた時、

普通では手に入らないような幸せが待っているのですから!!!