不登校を解決できる親になる

不登校を解決する親になりませんか。目標はずばり再登校です。

家族の機能とは

不登校を解決するための絶対に必要なこととして 家族機能の見直し を言い続けています。 私が考える、家族機能で一番重要な要素を書いておこうと思います。 それは 司令塔の存在です。 これです。 家族はチームです。 チームで、いろいろな課題を乗り越えて…

夏休みが終わるのが怖いです

お盆ですね。夏休みは第2部が終わりに近づいています。 本来、子供たちは少しずつ新学期を意識し、モチベーションが浮上してくるはずです。 子供さんが1学期のどこかで学校に行きづらくなったという方。 苦しい思いをされたまま夏休みを迎えたのではないで…

ありのままを受け入れるってどういうこと?

先日ありのままを受け入れることの大切さ、といったことを書いたわけですが。 私自身、この抽象的なことが相変わらず苦手なのです。 「ちゃんとしなさい」 の 「ちゃんと」 がわからないんです。 ありのままを受け入れることの大切さはわかっても、どうすれ…

登校刺激のタイミング

何をするにもタイミングは大事です。 「明日こそ学校に行ってみない?」 あなたは子供とのこの大切な交渉に、何度も何度も失敗しました。 この交渉がうまくいかなかった原因としてタイミングが間違っていた ということはあります。 傘が売れなかったのは、雨…

子供には勉強してほしい、何が悪い!

前から気になっていることがあります。 親が子供に 「勉強しなさい」 「勉強は大事よ」 ということについて。 それがまるで悪いことのようなこの風潮。 いや、私がそう誤認しているならいいんです。 なんとなく、そう感じるんです。 塾に行っているらしい、…

寂しがり屋のひとり好き

少し前に、「不登校の子が共通して苦手なこと」に、 ひとつはみんな「人との関わり方」でが苦手である と書きました。 私はこのことを考えていました。 ずっと考えていました。 なぜなら、私も、人と関わると、疲れるからです。 でも、なんだか楽しそうに人…

不登校の子が共通して苦手な2つのこと

不登校の子が共通して苦手なことがあります。 ほぼみんなこれが苦手です。 なんだかわかりますか。 勉強ではありません。 1つ目は「人との関わり方」 ほぼみんな、人と関わるのが苦手です。 2つ目は「ストレスへの対処」 ほぼみんな、ストレスをうまく解消す…

今年は夏祭りに行けなかった

夏祭りシーズンです。 街は浮き立つけれど、 我が子は部屋でゲーム三昧。 気になりつつも、 下の子を連れて夏祭りに行く。 同世代の子がわいわいとおシャレをして、お友達と楽しんでいるのを見てしまう。 そういうものを見た日は、いつもきまって落ち込んで…

中学3年生の不登校

中学3年生。 不登校になって、結構長い。 学力も追いついていない。 パソコンかゲームばかりしている。 もう夏休みなのに、受験生らしい動きが全くない。 そんな子でも、 動き始める時期はそれぞれですが、 最終的には受験をし、高校に合格できる子が多いで…

夏休みのラジオ体操とプール

お住いの地域ではラジオ体操はあっていますか? 小学生の不登校の親御さんの中に、これが非常にストレスだ、という方がいらっしゃいます。 対人的に恐怖感はあまりなく、友達との交流を求めている小学生の場合、 ラジオ体操に喜んで行く、ということはあるよ…

夏休みの登校日

2学期が始まるまでまだかなり時間があります。 2学期からの復帰をまずは指向しましょう。 子供さんの状態にもよりますが、節目はチャンスです。 だめならまた仕切りなおせばいいのです。 さて、2学期からの再登校を目標にする場合、 夏休みの登校日は非常に…

私への復讐だと思います

不登校の目的? はい、間違いなく、私への復讐だと思います。 「不登校目的論」の話をしたときに、あるお母さんがおっしゃいました。 虐待とかそういうことではなく、子供さんを大切に大切に育てられていた。 でも、あげればきりがないほど、この子には合わ…

「不登校目的論」

より感覚的な話ですが 不登校の子供には何か「目的」があるのではないかと感じるときがあります。 それはほとんどの場合、無意識です。 例えば、子供が不登校になって、精神科にかかると、子供は治療の対象ではなく、 実はお母さんが危ない状況で、お医者さ…

不登校家庭犬を飼う!?

こんにちは ちょっと、ずっと前から気になっていることをメモ的に書かせてください。 ずいぶん前にある女性から、 「不登校?犬を飼ったらいかがですか? アニマルセラピーっていうんですか? あのふわふわのぬくもりに癒されるそうですよ」 と言われたこと…

もし神様が現れて

おはようございます。 夏休みは順調に過ごせていますか。 まだまだ第一部ですが、子供たちは少しずつ、少しずつ、深いところへ降りていっています(^^;) 今週末あたりが多くのお母さんにとって、ストレスの第一ピーク、と思われます。 徐々に、お母さん…

GIK

こんにちは おもしろい話を聞いたので忘れないうちに。 ある方が、歌番組(テレビ)を見ながら子供に、もちろん冗談で、つい言ってしまったそうです。 母「GIK」 子「??」 子「あ~ね、ははは(笑)」 わかりますか? そうです。 「学校行ってください」(…

不登校のごく初期の問題2

「不登校のごく初期の段階での対応」続編です。 不登校のごく初期で、 「あれ、なんかおかしい」と気付く方は結構いらっしゃいます。 混乱しながらも結果的にあまり子供につらく当たらず、 つらく当たったとしても最初の1日とか3日くらいとか、 子供のダメー…

不登校のごく初期の問題

おはようございます。 不登校のごく初期。 子供は、朝から、「だるい」、「おなかが痛い」、「吐き気がする」といって、熱を測るなど、学校や部活を休みたいサインを出します。 このような時、休ませるべきか行かせるべきかとても悩みますね。 悩むこと、ど…

きょうだいへの影響~そもそもなぜ不登校はおこるのか

続きです。 きょうだいへの影響~不登校になりやすいか 不登校の子供のきょうだいは、不登校になる確率は高いのか。 これについて、私の意見は「高い」です。 では、そもそもどうして子供は不登校になるのか? これに対する私の結論はこうです。 素因+誘因…

きょうだいへの影響~不登校になりやすいか 

おはようございます。 今朝は、不登校のきょうだいへの影響にについて。 不登校のきょうだいは、不登校になる確率が高いのか? これは、できれば考えたくないし、避けたいけれど、 とっても大切な問題です。 繊細な問題なので、いつ取り扱うかを考えていまし…

お手伝いを断られた時言うセリフ・・・

まだまだ夏休みです。 お母さんのストレスが一番たまるころですね。 大丈夫です、お母さんも慣れてきます。 子供たちは「お手伝い」していますか? ある共働きのご家庭では、一日家にいる中学の娘さんに、夕飯を作ってほしい、と担当させてみました。 お母さ…

悔しい気持ち

先日、あるお母さんと話す機会があり、そのお母さんは、このように言って、 納得できないと、俯かれていました。 「いじめをしたり、周りの人を傷つける子、いるじゃないですか。 そんな子でも学校にはちゃんと行っている。 中には結構目立ってて、クラスの…

知識があれば戦える

こんにちは これからのことが不安で不安で仕方ない時。 あなたはどうしていますか? ランニングで汗を流す 友達とおしゃべり おいしいものを食べる いいですね 「不登校の関連の本を読んだりしています」 これ、すごく大切なことだと思います。 ぜひ、たくさ…

夏休みは3部構成!

ついにはじまりました。 子供たちが大好きな、夏休みです。 夏休みは、1部、2部、3部、3つで構成されています。 今時期はもちろん第1部。 第1部は、学校に行っている子は、開放感がありつつも、 まだ、学校に行っているときのリズムというか動きができ…

頑張りすぎてしまったんです

不登校の子供が、毎日堕落した生活を送っているという場合。 その状態をどう思っていますか? 見慣れましたか? 「どうにも我慢できないです」 「悲しいです」 こう感じる方が多いのではないでしょうか。 頑張って懸命に生きてきた人は そうじゃない人を見る…

怒る?怒らない?

連続投稿です。 ほめるほめない問題の類題です。 勘のいい方はすぐにこの問題を想像したと思います(^-^) 怒るか 怒らないか これは、どちらが正しいのか? そりゃ、なるべく怒らない方がいいよね、ときっと誰もが思いますね。 わかってるんです。 このように…

ほめる?ほめない?

おはようございます。 そろそろ夏休みが始まったころですね。 今日は、「ほめる」の是非について考えます。 ほめる主義(自己肯定感、プラスの愛情交換etc) ほめるな主義(ほめるとは上から目線だから、ほめられないとやらない子になるetc) うーむ。 どち…

夏休み直前 「宿題」

夏休みで頭が痛いのが、宿題。。。 40日などの長い夏休みですので宿題の量もそれなりです。 学力がかなりある子でも大変ですね。 勉強が得意ではない子は相当なストレスです。 学力だけでなく、意志の強さ、自己管理能力も必要です。 不登校でまだまだいず…

学校の門をくぐらせるまでが親の仕事

根本的な考え方を整理します。 私の考えです。 子供に学校の門をくぐらせること、 ここまではあくまで親の責任であり、親の仕事です。 実際に学校に行くのは子供ですが、それをサポートするのは親です。 先生ではありません。 もし、あなたが、先生が朝家に…

うちの子は特殊な不登校!?

おはようございます! 先日、あるお母さんと話していて感じたこと。 「うちの子は特殊」問題について、です。 あなたは不登校関連の勉強をしていますよね。 そのとき、解決事例みたいなのを読んだり聞いたりしますよね。 解決した、という事例は、本当にたく…